死んだら公開したいデータ、遺書などを本人の公開鍵で暗号化して保存
マルチシグの複数の秘密鍵でアンロックできる
3 of 5 なら、鍵を渡した五人のうち三人が同意、署名すればアンロックできる
本人の秘密鍵で復号可能

本人は秘密鍵と鍵を渡した人物を残しておく
鍵を渡された人物は大切に保管しておく