不幸福と幸福が交互にあり、不幸福と捉えられる状態を自然に幸福と捉えられるように、頻度を増やしていくことを目標に